咲子ブログ

フォアハンドスライス

今日レッスンをしていたらこんな質問が

「フォアハンドのスライスが上手く打てません。浮きすぎたり、ネット下段に行ったり、回転がかからなかったり…。どうやったら上手く打てますか?」

と。

なので、解説をしてみたいと思います(^^)

スライスにお困りの方は参考にしてみて下さい\(^o^)/

 見にくいかもしれませんが…
  
生徒さんのAさんです。

Aさんはボールに回転がかからず、直線的にボールが行ってしまい、うまくスライスが打てないとのこと。

まず、Aさんの場合はボールを打つ前にラケットヘッドがボールの高さより上に上がらず、ボールの高さと同じくらいの高さで、真っ直ぐ平行に直線的に引いてしまっています。

そして、そのままボールに対して真っ直ぐラケットを出してしまっていますね。

そうなるとボールは直線的に行ってしまいボールに逆回転がかからず、スライスになりません。

ラケットはボールに対して少し上から入り、ボールの斜め右下(右利きの場合)を打つ感じで、ボールを包み込む様に打ちます。

ボールの下を打ちすぎるとボールは浮いてしまいます>_<

後は、打ちながら前に体重移動します。

この体重移動がポイントでもあります‼︎‼︎

小手先だけでは無く、しっかり体重を乗せるとより伸びのあるスライスが打てます(^^)

ラケットにボールが当たってからしっかり踏み込む‼︎‼︎

なかなかイメージが湧かないかもしれないので、YouTubeで私が打っているスローモーション動画を撮りましたので、参考になれば‼︎‼︎
見てイメージをつけて練習してみて下さいね\(^o^)/

今回はミニテニスでフォアハンドスライスを打ったので、基礎基本の打ち方です。

ボールに対してのラケットの当たる面の向き、踏み込むタイミング、体の使い方などもしっかり見てみて下さいね‼︎‼︎(体の向きも要注意)

↓↓↓
http://youtu.be/6NVQp8Vkayw

関連記事